TOP > 応援メッセージ

応援メッセージ

「小学校の校庭を芝生にしよう」という私たちの夢に、様々な方々から応援メッセージをいただいています。
皆様方ひとり一人の声が、芝生の校庭を実現していく大きな力になっていきます。
メッセージをお寄せいただいた方々には、心からのお礼を申し上げます。

元(財)日本サッカー協会会長 岡野俊一郎さん

元(財)日本サッカー協会会長 岡野俊一郎さん休日の昼下がり、街じゅうの人が集まり、汗を流し、歓声が上がる。
そんなスポーツクラブが日本に沢山できる事、この願いを一つずつ実現するため、日本サッカー協会では諸活動を続けています。
芝生夢プランの構想は、「地域スポーツクラブ作り」に加速度がつくものとして、大いに期待するものであり、サッカー界としても協力を惜しみません。
皆様のご尽力により本案が実現する事を心より願っています。

元(財)日本サッカー協会会長 川淵三郎さん

元(財)日本サッカー協会会長 川淵三郎さん鹿児島の池田小学校では、28年も前から校庭を芝生にして子供に開放しています。
TVゲームが子供の遊びの主流になっている昨今、同小学校の子供たちは外で元気に遊び、自然と親しみ、情操豊かな子供に育っています。
芝生の広場は、体を動かしたり、人々が集い世代を超えた交流を育む場として、これからの社会ではますます重要になってきます。
私の夢でもある「小学校の校庭を緑一杯の芝生に!」。この夢を皆で一緒に実現しましょう 。

元(株)神戸製鋼所 用地開発部長 飛岡博明さん

元(株)神戸製鋼所 用地開発部長 飛岡博明さん校庭が芝だったら。いつでも寝転んで青い空に浮かんだ雲を見て。ころんでもすりむかないし。はだしでも走れるな。
あっ、ナカタみたいにうまくボールが蹴れた。イギリスや北アメリカではどこも芝、雑草が芝です。
日本では手入れが大変、特に都会では「鎮守の森」のように地域で育てて「鎮守の芝」になればいいですね。

アイテック阪急阪神(株)専務執行役員 畠山乃生彦さん

アイテック阪急阪神株(株)専務執行役員 畠山乃生彦さんケーブルテレビの仕事で、アメリカを何度か訪れています。
どこでも芝生があらゆる処にあって、うまく利用されています。
今まで日本では「入るべからず」の看板が示すように<観賞するもの>という意識が強く「使うもの」という意識が不足していました。
これからは本来の「使用するもの」あるいは「活用するもの」「楽しむもの」として「小学校の校庭を芝生に!」という活動を、個人的にも企業としても応援、協力させて頂きたいと願っています。

芝生スピリット